ロンググッドバイの第一話(初回)感想レビューとネタバレ!キャストやあらすじもあり! - 片っ端からトレンド発信

松木伝説.png バーレーン.png UMA.png

sponsored link

ロンググッドバイの第一話(初回)感想レビューとネタバレ!キャストやあらすじもあり!


ドラマ『ロング・グッドバイ』の少しネタバレとストーリー(あらすじ)

感想レビューは下のほうにあります


舞台は1950年代半ばの東京。
戦後復興から、「豊かさの時代」への転換期であり、人々の価値観が大きく変化していく最中、物語は、増沢磐二-ばんじ(浅野忠信・演)の親友・原田保-たもつ(綾野剛・演)が自殺した。

女優の原田志津香(太田莉菜・演)の夫の原田保は妻殺しの容疑をかけられた。

そして逃亡先の台湾で自殺を遂げてしまう。

保の親友で私立探偵の増沢磐二は、彼の死に疑問を抱き、捜査を開始する。

しかしこの原田保の自殺は時の権力者でメディア王と呼ばれる原田平蔵(柄本明・演)の手うやむやにされ真相は闇の中へ。

その後磐二は別の事件でも原田家の隣人達と接触することになる。

その隣人とは酒に溺れアルコール中毒で小説家の上井戸譲治(古田新太・演)…
出版社の編集者(田口トモロヲ・演)…
殺された志津香の姉(冨永愛・演)など…

これらの隣人を巻き込みながら捜査を進めたところある一人の美女と出会う。

それが事件の核心を握る亜以子(小雪・演)だった。

そしてあたかも事件は決着したかに思えたのだが…果たして。


キャストと登場人物解説


浅野忠信→増沢磐二

私立探偵をやっており、妻殺しの容疑をかけられた親友の保を逃がした。
それがきっかけとなり政界進出をもくろむメディア王の原田平蔵が関係しているであろう大きな闇を暴いていくことになる。


綾野剛→原田保

スキャンダルまみれの女優である原田志津香の夫。
情夫のような存在だったが、増沢磐二と不思議な友情を築くことになる。逃亡先の台湾で自殺。


小雪→上井戸亜以子

小説家で上井戸譲治の妻。増沢磐二を信頼して依頼をするが、何かを隠している。
事件の核心部分に関わる美女。

太田莉菜→田志津香

古田新太→上井戸譲治

柄本明→原田平蔵




その他豪華スタッフたち

脚本は連続テレビ小説「カーネーション」でお馴染み渡辺あや。

音楽には「あまちゃん」で大ヒットの大友良英。




管理人的感想レビュー

これ今期一番面白いかもしれん。

まずキャストに無理がないのが良い。最近だと無理矢理ぶっこんだ的なドラマも目立つけど、このキャスティングは脚本ありきで真摯に検討した結果だと思う。

浅野忠信の私立探偵もそうだけど、古田新太と柄本明はやっぱいいわぁ。
悪い顔やらせたら日本一なんじゃないか。狂気的な怖さもあるし。

物語は文字に起こすとすごくオーソドックスなんだけど、随所に工夫が凝らされていて飽きずに見られた。

これは脚本と音楽をあの方々がやってるのもでかいな。ん〜豪華だ。

この作品は戦後日本が変わっていった時代×友情の話。
変わってしまうものといつまでも変わらないもの。それが大きなテーマ。

だからこそ転換期の日本という時代背景。まさに激流のように変わっていったからさ。

しかし現代の日本人がこの作品見て「でもさ、変わらないものってあるんじゃね?無くならないものってあるのかも。」って思えたらこのドラマは大成功ということだろう。


このドラマにも原作はある。

原作はレイモンド・チャンドラーの「ロング・グッドバイ」。

かなりの良作…というか誰かさんも言ってた通り別格ですな。おすすめしても持ってる人多いかな。

おすすめです。↓

【送料無料】ロング・グッドバイ [ レーモンド・チャンドラー ]



いつもSNSでのシェアありがとうございます

sponsored link

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
Copyright © 片っ端からトレンド発信 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。