弱くても勝てますの第一話(初回)感想レビューとネタバレ!キャストやあらすじもあり! - 片っ端からトレンド発信

松木伝説.png バーレーン.png UMA.png

sponsored link

弱くても勝てますの第一話(初回)感想レビューとネタバレ!キャストやあらすじもあり!



ドラマ、弱くても勝てますの少しネタバレとストーリー(あらすじ)


東京大学に多くの生徒を送る日本有数の進学校にやってきた30歳目前の新人教師、田茂青志(二宮和也・演)。

東大で生物の研究を続けてきたため30歳手前でも新人なのだ。

そんな田茂青志はこの高校で新しい生き物を発見した。

超へっぽこ野球部員5人である。

どのあたりがへっぽこかというと…

創部以来、勝ったことがない!
試合をすればエラーばかり!
ボールを落とさずキャッチボールが続いた最高回数は9回!
内野は怖いから外野希望が殺到!
グラウンドでの練習は週一回で時間は3時間。


ほかの時間は日本有数の進学校ゆえ全て。

彼らに足りないものは…技術、体力、根性、施設、言いだせばきりがない。

しかし彼らのすごいところは野球を愛する気持ちは誰にも負けていないところだ。

田茂青志は思った。


−−こいつらなんて面白くて、変な生き物なんだ…−−

そんな彼らに恋愛、友情、進学、家族など様々な青春のトラブルが起こる。

そして、田茂青志は決意した。

このへっぽこ共に「勝利」を…。

「異常なセオリーで、異常なことをして、異常な勝ち方をするんだ!それが俺達の戦いだ!」

田茂青志は野球部監督となり、へっぽこ野球部は一致団結して甲子園を目指す!

はたして、へっぽこ達の運命は…。




二宮和也の役は??

二宮和也が演じるのは、超進学校で弱小野球部の監督をすることになった臨時教師の田茂青志。


普段はクールにもかかわらず、疑問を感じた瞬間から正解を突きつめなければ気が済まないめんどくさい性格の持ち主。

「弱くても勝てます」が持論で、変人だらけの“へっぽこ野球部”を異常なセオリーで勝利に導く。





管理人的感想レビュー

このドラマ面白い!と思った。なんていうか、今までになかったよね。

ルーキーズとは真逆のベクトルで天邪鬼な俺は気に入ってしまった。

なにより生徒たちのへっぽこ度がやばい。ガチで甲子園目指している高校球児が見たらブチ切れるんじゃなかろうか。

そんなところがまたいいんだけどさ。
大げさに言うと新しい熱血教師+スポーツの見せ方とでもいうのだろうか。

そして二宮和也はやっぱいいね。嵐では一番いいかな。

面倒くさい性格だけど、どこか面倒見のいい教師役をちゃんとまとめてるもんね。

これ原作があってその原作はノンフィクションなんだよね。

そう考えるとこのドラマもバカにできないでしょ。

気になる人はチェックしてください↓
【楽天ブックスなら送料無料】弱くても勝てます [ 高橋秀実 ]

いつもSNSでのシェアありがとうございます

sponsored link

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
Copyright © 片っ端からトレンド発信 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。