ドラマBORDER(ボーダー)の第一話のネタバレ感想レビュー!キャストとあらすじも書きました! - 片っ端からトレンド発信

松木伝説.png バーレーン.png UMA.png

sponsored link

ドラマBORDER(ボーダー)の第一話のネタバレ感想レビュー!キャストとあらすじも書きました!

2014年の春からドラマ「BORDER」が始まった。


少しネタバレとストーリー(あらすじ)

警視庁捜査一課の刑事である小栗旬演じる石川安吾は、執念ともいえる捜査にあまりにも没頭しすぎて、自分の私生活すべてを犠牲にしてきた。


石川安吾は、自分の存在意義を殺人事件の現場だけに感じ、それが生きる意味だと思いながらもどこか虚しいと感じる日々をおくっていた。


そんな日々を送る石川安吾に、元警察官が銃殺されるという凶悪な事件が耳に入ってきた。


すぐさま現場に駆けつけた石川安吾だが、現場近くに隠れていた犯人から銃撃を受け、頭を打たれてしまう。


重症の怪我を負い、生死の境をさまよった挙句、朦朧とする意識の中で、石川安吾は思った。

人間は死んでしまったらどこに行くのだろうか…。

そして、空虚な日々を送りまるで自我がないような生活を送ってきた石川安吾に初めてわき上がってきた感情があった。


絶対に死にたくない。


その感情は今までの人生で感じたことがないほど強かった。

そしてそれが奇跡を起こしたのか、石川はいったん生命活動を停止したにもかかわらず、奇跡ともいえる蘇生を果たす。


その後重症にもかかわらず、医者も驚くほどの回復を見せ、石川安吾の強い意志の元また刑事という職場に復帰することになった。

頭部に被弾した銃弾が脳内に残ったまま…。


そうして現場復帰した石川安吾だがその矢先に別の殺人事件が発生する。

現場にかけつけた石川安吾一人の男の子と出会う。その少年は、今にも泣き出しそうな顔で立っていた。

しかし、その少年は殺された被害者の男の子だった。

驚き焦る石川安吾。そしてわかったことは、どうやらその少年は石川安吾だけに見えているようだった。

その後、冷静になり徐々に進んでいく捜査の中でわかったこと。それは−


死者と対話できるようになったということだった…。


最初はその事実に困惑していた石川安吾だが、事態を受け止めざるを得なくなっていく。

その力を捜査に役立たせようとするが、生と死の狭間で神をも恐れぬ行為ではないかと葛藤することになる。

やがて、死者と対話できる石川安吾は、誰も知ることはない、または知ってはいけない事件や闇の真相を知ることになっていく。


キャストと登場人物解説


石川 安吾→小栗 旬

警視庁捜査一課の刑事。

なぜ刑事になったのかというと、性格の合わなかった父親へのあてつけ。
父親は警察官をこれ以上なく嫌いだったのだ。

刑事としての腕前は優秀で柔道と剣道の腕も相当で、そして頭の回転が速い。また容疑者や関係者への観察眼も鋭いという万能刑事。


努力も怠ることもなく野心的で優れた人間性もあり、周囲の信頼も厚く驚くほど異例の昇進で本庁捜査一課の刑事に抜擢されている。

しかし、頭部に被弾した銃弾が脳底動脈近くに残ったことがきっかけで死者と対話することができる特殊能力を身に着ける。


立花 雄馬→青木 崇高

警視庁捜査一課の刑事。
曾祖父も警察官という正義感の強い一家に生まれ、警察官という職業にいきすぎともいえるこだわりとプライドがあり、正義感も強い。
その反面、融通が利かず、柔軟性に欠けている。

しかし自分が本庁捜査一課に配属されたことを、親類のコネだと思っているようで、それがコンプレックス。

そういったことが重なり、自分の実力を周囲に証明し、認めさせようと躍起になっている。

また、同世代である石川安吾には猛烈なライバル心を燃やし、それがトラブルになることも。


比嘉 ミカ→波瑠

警視庁刑事部の特別検視官。

現在は助手だが、それでも千体近くの解剖をし、優れた観察眼と頭の回転の速さは石川 安吾に似ていて、それゆえ多くの難解な事件を解決してきた。

その後、ミカの能力に目を付けた警察庁関係者に特別検視官という役職を与えられた。



市倉 卓司→遠藤 憲一

警視庁捜査一課の刑事。

石川安吾の直属の上司にあたり、石川安吾の能力をとても評価しているため、彼の独断専行型の捜査も容認することが多い。

しかし市倉 卓司本人は、昔ながらの捜査方法を得意とし地味ながら着々と捜査を進め真相に迫っていく。

そのいっぽうで、観察眼の鋭さがあり、嘘なども彼の前では通用しない。

実は顔が広く、今後石川が非公式に利用する裏世界の情報屋も、市倉卓司の人脈である。



情報屋 赤井→古田 新太

裏世界の正体不明の情報屋。

誰も信用しない人間不信ともいえる赤井だが、石川の能力の正体を暴きこそしないものの何か感じてはいるようで、非合法の依頼にも手を貸している。

赤井は若以前務めていた外資系の大手金融機関などで人脈をつくったようで、その人脈を生かし情報を常に得ていた。

しかし、妻の浮気で傷害事件を起こし、表の世界から裏世界へと落ちてしまった。

現在は、看板を居酒屋『立ち呑み 情』としながらそこを本拠地として、裏世界の情報牛耳っている。



便利屋 スズキ→滝藤 賢一


赤井と同じく裏世界の住人で便利屋をやっている。

興信所の調査員になったことをきっかけに裏社会の情報を網羅している。

また盗聴やピッキングなど、非合法的の技術のスキルが高く、その腕を買われ石川から依頼を受けることになる。

赤井同様、石川に特別なものを感じ、協力するようになる。



ハッカー  ガーファンクル&サイモン→野間口 徹、浜野 謙太

サイモンとガーファンクルはコンビでハッカーをしている。

ガーファンクルはIQ180の天才だが、破壊行為を生きがいを感じハッキングに没頭。

高校時代、少年院でサイモンと出会い意気投合。

社会復帰後も「S&G行政書士事務所」を隠れ蓑に裏でハッキングをし続けている。

サイモンは母親の男から中古のパソコンをもらってからガーファンクル同様ハッキングの世界に没頭。

そして若干16歳の時には「仕事人」と呼ばれる伝説的な存在になっていた。

しかし、母の愛人がひどく暴力的だったため、刺してしまい少年院へ。そこでガーファンクルと出会い、2人でハッキングによる裏稼業を営んでいる。



感想レビュー

小栗旬は先日ルパン実写化でも注目されてたけどその名の通り旬な俳優だな…寝る暇あんのか。

さて、今回のドラマ、ボーダーだけど超能力者系だ。

死者と対話?…無敵か!!と思わなくもないんだけど、これはこれで新しいタイプの刑事ものなんじゃないかな。

今までも超能力ものっていろいろあったけど少しテイストは違ってるからね。

ただ、生と死をテーマにするとすごく深くなるからそこそこにしとかないと逆にすごく薄っぺらくなって足元すくわれてしまうんじゃないかとも思った。

というのは超能力っていうのはそれだけでコミカル要素が強くなってしまうのと、その石川を演じるのが小栗旬なのでどうしても今時っぽくなる。

深いテーマで重く描くなら脚本工夫しないといけないなぁと思った。

でも画質というか画面全体を少し暗くしているので重厚な雰囲気は出てたと思う。

あと、小栗旬以外の俳優たちがいい。こういうキャストは派手じゃないけど完成度を底上げしている。

流行りの俳優だけでそろえるとどこかチャらくなるからな。(ルパン三世実写化ごめんなさい)

肝心の小栗旬だけどすごく頑張っていると思うし、いい俳優さんなんだけど、最近いろんなところで見過ぎてどうしてもイメージ抜けないんだよな。すごい個人的なことだから本人は何も悪くないんだけど。

このボーダー内容が暗めだから数字はそんなにいかないかもしれないけど、個人的には期待してる。

数字は…MOZUが相手だとやっぱきついか。。。

いつもSNSでのシェアありがとうございます

sponsored link

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
Copyright © 片っ端からトレンド発信 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。