香川真司、得点とアシストの狭間で…モイーズの戦術は合っていなかった - 片っ端からトレンド発信

松木伝説.png バーレーン.png UMA.png

sponsored link

香川真司、得点とアシストの狭間で…モイーズの戦術は合っていなかった



最近の香川真司は好調だ。

というと語弊がある。

正確に言うと香川はずっと好調なのだが、周囲がそれを理解し始めた、というところだろう。

もっとも香川も周りの選手のプレーに合わせられず、消極的なプレーを繰り返していた時期もあったが。



ドルトムント時代の香川

ドルトムント時代の香川を思い出して欲しい。

真っ先に思い浮かぶのはペナルティエリア内での少ないタッチでの速いプレーではないだろうか。

最初のワンタッチで振り向きざまに相手DFを躱しツータッチ目でフェイントを織り交ぜながらのシュートもしくはパス。

そのプロセスがとても速くそれでいてトリッキー。

それはドイツ国民を沸かせドルトムントのファンでなくてもチームを優勝に導いたその日本人を誰もが賞賛したのだ。

香川は海外サッカーにおいては大柄な選手ではない。むしろ小柄である。

生き残る為には、まともにチャージを受けない速さと迂闊に体を寄せることができないような足元の上手さが必要だった。

シャルケで活躍する日本代表DFの内田も言うように香川にはそれがあり、またそれこそが日本人が海外で生き残る手段でもある。
もちろん吉田麻也のように体格に恵まれた選手はそれをいかんなく発揮すればいいのだが。

しかし、マンチェスターユナイテッドではモイーズ監督のもとよくわからないサイド攻撃からのクロスプレーを多用した、いってみればパワープレイが採用され、ペナルティエリア内で細かいパスからクリエイティブな発想でゴールに迫る戦術がフィットする香川に活躍する術はなかった。

また、そうした香川の動き方を周りの選手が理解することもなかった。
当たり前だが、監督の戦術に選手が合わせなくてはならないので、いちいち香川の良いところを引き出して使ってやろうなんて選手はいないのだ。

香川もこのあたりのジレンマに相当苦しんだと思う。香川は一人で切り込んで点を取れるような選手ではなく、周囲とのコンビネーションで生きる選手なので、チームメイトの理解は必須事項なのだ。

ひとりぼっちの香川はなすすべがない中、限られた時間の中で必死に自分ができる最大のパフォーマンスをし続けるしかなかった。


無駄に見えるショートパス

しかし、そうしていくうちにだんだんと周囲の理解を得はじめ、特にマタは香川を高く評価し始めたのだ。

実際香川が出ている試合、マタがパスの出し手に困るようなシーンでも近くに香川がいることが多くそこからチャンスが生まれることも多くなった。

しかもサイドチェンジのような大きな展開ではなくそこでパスする意味があるのかというようなショートレンジでのパスが多いのだ。
この何気ないパスは大きな意味を持っていて、DFを走らせることはもちろん、一番のメリットはDFの重心と視線を移動させることにある。

重心が移動するとそれだけでフェイントと同じ効果がある。

それがわずか一瞬の視線の動きと一歩であってもそこに香川はパスが通せるのだ。また、ボールが小刻みに動くことで周りの選手は裏を狙いやすいというおまけもある。


ボール鬼の技術

余談だが、サッカーにはボール鬼という遊びがある。

決められた空間内で鬼にボールを取られないようにひたすらパスをし合うこの遊び。
プロはこれをやると実に狭い範囲でやっていることに驚く。
普通のプロ選手がやっても狭いが、香川が四人いたらおそらくさらに狭いだろう。

それほど香川の足元とパスの上手さ視線の広さは日本人離れしているのだ。

そのボール鬼と同じことを香川はあの広いピッチ内で展開できる技術と落ち着きと視野の広さを持っているのだ。



増えるアシスト

最近の香川の好調はそれを理解しできるチームメイトが増えたことが理由だ。

その証拠に少しずつアシストが増えているのもそうだが、ドルトムント時代の速さがでてきた。

ボールを持ったとき少ないタッチで前を向き球離れが早くする全盛期のプレーをマンUのチームメイトに浸透してきたのだろう。


得点できない原因

しかしまだまだだと個人的には思っている。

ドルトムント時代はペナルティアリア内で香川は多くパスをもらえていたが、今のマンUではそれが少ない。
無駄なクロスが多いというとモイーズに怒られそうだが、あまりにも雑なプレーが多くあれでは香川はどうすることもできない。

そして香川が本気のクロスを上げればもっと精度がいいこともここで言っておく。ただ、確実性のないクロスをあげるよりもショートパスの方が個々の選手が生きるし、ロストもしにくいのでしないだけだ。

香川が現在早いプレーが出来てるのはペナルティエリア外5mにとどまっている。それゆえどうしてもアシストが多くなってしまうのだ。

本来そのあとにワンツーなりで香川は返してほしいのだ。実際いい位置に香川は動いている。

しかし、個人技がある選手たちは返すより、自分が打ったほうが早いと言わんばかりにシュートするか無駄クロスをあげてしまう。

これは香川への信頼度もあるだろう。ルーニーやマタではもらえるかもしれない。

ただ、今後そういった香川の動きに周りが理解し、ペナルティエリア内に香川が入れればドルトムント時代のようなゴール量産も夢ではないのではない。

ただ、モイーズの目指すサッカーではないだけに一筋縄ではいかないし、そもそもそれを香川と同じレベルでやろうとする選手がいるかどうか。

ただ、日本中が香川のゴールを期待していることだけは間違いない。

これからの香川真司に目が離せなくなっている酔っ払いの世迷言でした。2014.4.6

いつもSNSでのシェアありがとうございます

sponsored link

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
Copyright © 片っ端からトレンド発信 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。